霊視ができると霊も見える?

トップページ > 霊視の方法を教えて > 霊視ができると霊も見える?

霊視ができる人は霊を見ることもできるのか?

霊が視えると書いて霊視と読むくらいですから、霊視能力を持つ人は当然、霊の姿を見ることもできます。ただし、霊にもいくつか種類があり、人によって見える霊と見えない霊がいるのです。どんな霊を見ることができるのかというのは、霊能者ごとの能力の強弱や才能によって違い、強い霊力や才能を持つ人ほど高次の霊を見ることができます。

霊のランクはその霊が”どれだけ現世に近い位置にいるか”によって決まり、ランクの低い動物霊や悪霊ほど現世の近くに、高次の霊になるほど現世からは遠い領域に住んでいるのです。例外的に、先祖の霊や守護霊などは守っている人の近くにいますが、霊としてのランクは高めで、低級の霊能者では見ることはできません。

ここで気を付けたいのが、生まれつき霊が見える霊感体質の人です。霊感があるから霊力が高いとは限らず、「私って実は見える人なんだよね」という”自称霊能者”の多くは悪霊や動物霊などの低級霊が見えているに過ぎません。中途半端に低級霊と接触することで悪影響を受ける危険もあるのです。このような危険を避けるためには霊的な能力を全くの0にするか、より高次の霊が見える段階まで霊視力を鍛えて他の霊に守っていただく以外に方法はありません。