霊能者か占い師か決める

トップページ > 本当に当たる霊視占いとは > 霊能者か占い師か決める

霊能者か占い師か…選ぶときは何を基準にしたらいいの?

霊視を用いて過去、未来、人の気持ちを知ることを『霊視占い』と一般には言いますが、厳密に言うと霊視は占いではありません。占いとは占星術のように生まれた日付から運勢を導く命術と、タロットなどの道具を使って運勢を読み取る卜術、人相や手相から運勢を見る相術の3種類に大きく分けられ、これらの占いはある程度の法則性が決まっており、勉強することで技術を取得する後天的な能力。

対して、霊視は霊能力に分類され、占いより超能力などの超自然的な力に近いものなのです。こういった力は努力で伸ばすことは可能ですが、占いよりは生まれ持った資質や才能の影響が大きいため先天的な能力であると言えるでしょう。便宜上、霊視のことを良く知らない人たちでもイメージしやすいように霊視占いと言っていますが、正確には霊視鑑定であり、占いとは『なぜ当たるのか』の原理がそもそも違うのです。

このように、霊視と占いは似ているところもありますが、本質は別の物です。占い師の役割が未来を予測し、そこからアドバイスをしたり人の心を癒すことであるなら、霊能者の役割は相手に未来のことを伝え、どの道を選ぶか決断を促すこと。あなたが励ましの言葉を求めているなら占い師を、厳しくともありのままの現実を伝えてほしいなら霊能者を選ぶといいでしょう。