本当に当たる霊視占いとは

トップページ > 本当に当たる霊視占いとは

世界には偽物の霊能者が溢れている

私たちの身近にある占いと言えば星座占いが有名ですが、霊視占いもここ数年で知名度が急上昇してきました。その証拠にネットで『霊視』と検索すると数えきれないほどの霊視占いサイトがヒットします。中には「本当に当たる!」という口コミもあったりするので、今すぐじゃなくてもいつかは占ってもらいたいと思っている方も多いのではないでしょうか。本当に当たるなら試してみたくなるものです。

ネット上で見かける霊視占いのほとんどは電話鑑定かメール鑑定を行っているのですが、あなたが当たる霊視占いを体験したいならサイト選びには少し慎重になったほうがいいでしょう。なぜなら、霊視や祈祷といったその効果が目で見て確認できないものには、必ずと言っていいほど詐欺まがいのインチキ霊能者が紛れているのです。彼らの手口は冷静な状態で見ると実に滑稽で「こんなのに引っかかる人なんていないでしょ!」と思ってしまうかもしれません…しかし、人の弱みや心の隙をうまくつついて取り入ってしまうのです。

こうして心をマインドコントロールされてしまい、正常な判断力を失ってしまっては自分で解決することは非常に難しくなります。特に顔を合わせないで占ってしまう電話やメールではその傾向が高いと言えます。中には、本当に当たるわけでもないのに「本当に当たる!」などの謳い文句を掲げている霊能者も居ないわけではありません。「当たる」という口コミだけを信じずに、自分自身でも情報収集をしっかり行いましょう。霊感商法による被害者は毎年出ており、分かっているだけで5万人以上、被害総額は2000億円を軽く超えるというのですから、あなたも他人事だと思って笑ってはいられませんよ。

本当に当たる霊視占いとは…?

偽物の霊能者に騙されないために、当たる本物の霊能者どうやって見つければいいのか、その判断基準についてご説明します。

①本物ほど謙虚である

霊視に限らず、ある道を極めた達人と呼ばれる人たちは皆、こちらが恐縮してしまうほど謙虚な姿勢でお話しされます。それは技術を磨き、自分の内面と向き合い続ける中である種の悟りを開くからだと言われています。もし、自分の実力を誇ったり威張り散らしている霊能者がいれば、その人は十中八九偽物か半人前でしょう。逆に謙虚な姿勢で接してくれるならば、当たる霊視をしてくれる本物の可能性が高いです。

②名前や誕生日などの個人情報を聞きたがる

実は霊視占いとは正確に言うと占いではありません。霊の力を借りて情報を得るものなので、名前や誕生日を聞く必要はないのです。なので、やたらと個人情報を聞いてくるような鑑定師は優れた占い師ではあるかもしれませんが、霊能者ではないでしょう。

本当の霊能者に出会うことは簡単ではない

③大げさな言葉を使いたがる

「運命」「死」「神」などの仰々しい言葉を多用するならその霊能者は偽物かもしれません。本物の霊能者なら言霊――言葉に宿る魂を知らないはずがありませんし、知っているならそんな大仰な言葉は恐れ多くて容易く口に出すことなんてできないからです。

④当たる霊能者にはなかなか出会えない

世の中の霊能者の90%以上が偽物だと言われているのですから、本物の力を持つ人に出会う確率は高くはありません。少し足を伸ばせば知り合えるような距離に本物がいることは稀でしょう。とはいえ、出会いは縁もありますから、あなたが心から救いを求めるなら案外すんなり会えてしまうかもしれませんが…

いかがだったでしょうか?本物と偽物の違いについては他のページでも解説しているので、もっと詳しく知りたい方はそちらにも目を通してみてください。